セミナーに参加。

昨日は片麻痺の評価とアプローチのセミナーに出てきました。理学療法士によるセミナーでとても有意義でした。

また別の講師の方からは世界の鍼灸に対する注目度についてお話がありました。
スウェーデン政府は鍼灸マッサージを活用することで医療費を3分の1にできるという発表があったり。
イギリスの医師会が鍼灸で医療費を大幅削減できると意見があったり…

中国や韓国はもちろん自国の医療として、特に中国は輸出産業の一つとみて、中国の鍼灸を世界の標準とすべく動いている現状。
しかも日本には無資格施術者が跋扈しているので、日本鍼灸は非常に信用ができない、と言っている事。(もちろん日本の鍼灸師は国家資格で、整体、カイロなどを無資格としている)

それに対して日本厚労省には鍼灸に関する部署が非常に弱い(ほとんど機能していない)。
もちろん、日本鍼灸と中国鍼灸、韓国鍼灸はそれぞれ違います。

さて、日本の鍼灸はどうなっていくのでしょうか?
日本の漢方医の名前を挙げられる日本人は一体何人いるのか?

鍼灸の可能性や素晴らしさを知っているのが鍼灸師自身とその患者さんだけ、と言うのが現状です…

by 五味哲也

運動法の紹介

関連記事

  1. 途上国での鍼灸治療デビュー戦

  2. 西洋医学の哲学とは…

  3. KAYA鍼灸院

  4. パワースポット?

  5. 災害鍼灸ボランティア

  6. 毎日新聞に松田博公先生が載ってます。

PAGE TOP