災害鍼灸ボランティア

今日、夕方の番組スーパーJチャンネルでAMDAの医師がアメリカから被災地へ行き、西洋医療ではなく鍼灸治療を施し、感謝されているという番組があったそうです。(私は残念ながら見てません)

ご自身が鍼灸治療により救われたこと。
アメリカでは鍼灸師の社会的地位はもっと高い事。
鍼灸治療しながら、患者さんに触れ、会話ができるなどが良い面だ、と話されていたようです。

医師が鍼灸やるのはニュースになり鍼灸師が鍼灸したら胡散臭がられる…と複雑な気持ちですが、こういう密着番組は鍼灸界にとってとてもいいことですね。

今後鍼灸治療のスペースを建てる予定だそうです。

全日本鍼灸学会8月20日(土)に「災害と鍼灸」http://jsam.jp/contents/010000iex6SM/
をやります。興味のある方は是非足を運んでみてください!

by 五味哲也

関連記事

  1. アフリカについて思う

  2. 相馬第3陣

  3. レアについて、その?

  4. 米国ワシントン・ポスト9月1日、22日付け

  5. 情報収集

  6. 医学史作成中

PAGE TOP