開業について

このブログで開業について書き始めたら、毎日のアクセス数が1600以上もあり、急増しています。皆さん興味あるのかな?

いつ開業するの?とか花を注文するからどんなのが良いとか?周辺でも、期待されているのがわかります。ありがたいことです。
それに比べ、毎週末しか準備ができないせいで、看板が出ているのにもかかわらず一向にOPENしない治療院に謎感が高まっているかも知れませんね。(笑)

私は鍼灸マッサージを社会貢献事業=ソーシャルビジネスとして考えています。
様々な社会問題に対して、東洋医学の鍼灸師としてその技術でお役に立ちたいと考えています。

自律神経失調症や鬱病による社会問題を鍼灸専門治療で対応したい。

子育てに悩むお母さんに母乳ケア+小児はり+ベビーマッサージサービス+育児相談

リハビリ難民、終末期の心身のケアとしての訪問鍼灸マッサージ

介護疲れ、老々介護、介護者の為に介護テクニックやマッサージ技術の伝達または介護者へのマッサージサービス

また、一般の人にマッサージを教え家庭内や職場、パートナー同志でできるようなマッサージ教室

それ以外に鍼灸を広めることや、鍼灸師同志の横の連携を作るためのサイト作り

障碍者施設で作った作品の紹介やアジア・アフリカの雑貨販売を通じた途上国への理解促進など…

もちろん一人ではできません。仲間と一緒に進めていきます。
空想段階のものもありますが、一つ一つ形にできればと思っています。

ちなみにアイディアとして、豆腐の引き売りからヒントを得て、あん摩笛の復活ってのもありました。かつてのあん摩さんが座頭市のように笛を吹きながら町を流すのはどうかな、幟立てて…歩くルートをtwitterでお知らせとか、日本文化の伝承の為、風呂敷や手ぬぐい使いの復活とか…
誰かやらないかなぁ…(笑)

今後とも応援よろしくお願いいたします。

by 五味哲也

関連記事

  1. ケニアのテロ

  2. 「我が志アフリカにあり」島岡由美子著

  3. afrimedico

  4. アイランドシンキング

  5. インドネシア・変わらないもの

  6. 国際視覚障害者援護協会

PAGE TOP