医学史作成中

 

ホームページの未完成部分の医学史をこつこつ書いています。書籍をひっくり返しながら、原始の時代から現代までに至る悠久の時間に浸っています。

動物を見ても母親が子供を愛する気持ちは今も昔も変わらないことでしょう。もしくは過酷な社会ゆえ育たない子供は平然と捨てられていた時代もあったと思います。
私達人類や動物の最大の本能は子孫を残す事だということは言うまでもありません。

生物学の本によると、女性のセックスアピールである胸や尻は平然と男性の視線の興味を引く高さにあります。
これが腹やふくらはぎにあって目に触れなかったら男性の気を引く事が難しくなります。
4つ足歩行の犬や猫はもっと露骨で陰部が外部に露出してます。

「医」は人類が繁栄する為に編み出した本能による技術である、と思います。
西洋で発達した実証主義、科学主義な医術。
東洋では自然哲学や宗教と密接だった医術。

西洋では常に最新の科学をベースにした医学の進歩があります。
東洋では古典を聖典としてそれに記されたものを臨床と照らし合わせる「温故知新」の医学。

両方の良いところを組み合わせると、人間の体だけでなく社会や幸福感も含めた、最高のものができるんじゃないでしょうか?

昔の漢方家は鍼灸・湯液・導引・あん摩だけでなく、儒学に精通し、仏教に精通し、易や観相術、天体・暦、風水…

現代の鍼灸師の様子をみたらがっかりするかもしれません。

「日本の医学史」楽しみにしていてください!

関連記事

  1. 美顔はり灸

  2. 元協力隊員の誤算

  3. これが鍼灸師冥利なんです!

  4. 稲森会長

  5. ホームレスボランティア?

  6. あの!マザーハウスの山口絵里子さんに会いました!

PAGE TOP