戦争体験者の話

明日は終戦記念日、敗戦記念日です。

NHKで戦争体験者が話をされています。

実に重い重い実体験に基づいた話です。

戦争体験者が80代後半になっています。

あえて戦争体験を話さない(話せない)人も多いそうです。
また、聞く耳を持たない人も多いそうです。

協力隊から帰って来た人みんなが感じることも同じです。
現地のいろんな体験を話したいのに、話すとあまり聞いてもらえない。「へーすごいですね」で終わり、終いには「変わった人」のレッテルが貼られます。
だんだん途上国の生活の話しはしなくなり、後輩の隊員には「あえて自分から言わない方がいいよ」とアドバイスしていました。

しかし、戦争体験の話は聞かねばなりません。
「ばかの壁」という本がありましたが、自分には関係無い事ではすまされないほど、時間がありません。

関連記事

  1. ケニアの生徒ポールについて

  2. 元協力隊員の誤算

  3. 患者さんと共に

  4. 夕日を見て

  5. 選挙

  6. DIE

PAGE TOP