ホームレスへのボランティア

袋でホームレスに支援を行っているNGOてのはしhttp://tenohasi.org/

の活動を見学に行ってきました。
主に炊き出しや医師・看護師による医療相談、生活相談も行っておりました。

まあ、メインは炊き出しなんですが…

この冬一番の寒さの中、小雨もある中100名以上ホームレスが並んで暖かいご飯を食べていました。

普段見て見ぬふりをしてしまうホームレス。その存在に誰しも気づいていながらあえて壁を作る私達。
当然のことながら、彼らにも人情の様な温かさを感じました。

私達の社会を○に例えると行政サービスはその中にある□(四角)です。全てを埋めることはできません。しかしその大小の□と□の隙間にいて、誰にもきずかれない人はいます。

途上国はその隙間を社会や地域や人が埋めますが、日本は少ないように思います。□が丸を埋められない以上、形の無い善意が世の中を良くするような気がします。

何より人間そのものが□でも無機物でもデジタルでもない存在、自然に近いものだと思います。

□が減っても善意や思いやりが増える方が幸せだと思いますが皆さんはどう思いますか?

関連記事

  1. あの!マザーハウスの山口絵里子さんに会いました!

  2. 安藤昌益を知ってますか?

  3. ケニアの映画「チョコラ!」

  4. レアについて

  5. 参道と産道の話し

  6. 元協力隊員の誤算

PAGE TOP