パワースポット?

昨日墨田区にある江島杉山神社へお参りに行ってきました。
墨田区ってあんまり行った覚えがなくて、少し興味深く歩きました。

当の神社はひっそりと住宅街の中にあり、残念ながら社務所が閉まっていたのでお守りなどのグッズは買えませんでした。

杉山和一は盲人で鍼灸師です。生まれつき不器用でなかなか鍼がうまく打てず破門までされました。
失意の中、江ノ島の岩屋洞窟で修業します。そこで筒に細い鍼を入れる事を考案しました。それが今の日本の鍼の原型です。

めきめき腕が上達し将軍の治療にもあたるようになり、将軍綱吉から何がほしい?と問われ、「目がほしい」と答えました。

目は無理なので「一つ目」(神社のある昔の地名)の地に屋敷をもらいそこで治療所や養成所(世界初の盲人教育の場)を作りました。

多くの先人の苦労や努力の不断の連鎖の先にあるのが私達、平成の鍼灸師です。
しっかり受け継ぎ、引き継いで行きます、と約束してきました。

by 五味哲也

関連記事

  1. 「鍼」を作る職人がいるのを知ってますか?

  2. 南三陸町

  3. 仕事の喜び

  4. 御井敬三先生

  5. セミナーに参加。

  6. 美顔鍼灸研究会

PAGE TOP