相馬と山元町

相馬8回目と山元町2回目が無事終了しました。(私は理学療法士の定期勉強会で不参加でしたが…)

雨の中、参加された先生方には頭が下がります。きっと多くの被災者の方に喜ばれていることでしょう。

来月の中旬には相馬のはまなす館の避難所が閉鎖となるようです。
しかし、まだ300人もいるのですが、その方達はどうなるのでしょうか?

東京でも、患者さんとの会話でも徐々に被災者への想いやニュースは減りつつあります。
しかし、何もまだ変わってませんし、仮設に入ればまた新しい問題が出てきます。

まだまだ支援は必要ですが、仮設住宅になると地元コミュニティー内で問題を解消していくことが重要になるでしょう。

早期から被災した地元の鍼灸師の協力もあったので、今後もうまく引き継がれていくと思います。

多くの方々が鍼灸でエネルギーを充填し、明日への活力をとり戻して頂きたいと思います!

by 五味哲也

関連記事

  1. 患者さんの死

  2. 久々の講演でした!

  3. 災害鍼灸ボランティア

  4. 原発へ行く人…

  5. 江島杉山神社にも行きましたよ。

  6. KAYA鍼灸院

PAGE TOP