「我が志アフリカにあり」島岡由美子著

今年になって良著に出会いました。
そのうちの1冊
「我が志アフリカにあり」

タンザニアの革命児こと島岡強さんの奥さんが書いた本です。

ケニアにいた時になんとなく噂は聞いていました。
実際に知ったのは日本のTV番組でした。

本を読んでさらにびっくり。

こんな強烈な人がこの時代にいるのか、と。

三国志か戦国時代の様なセリフや生き方。

「まじかよ」と吹きだす位に、不可能を可能にしてきて、タンザニアのザンジバル島で第1次産業(漁業など)の底上げに奔走します。

タンザニアでの生活や島岡氏の生き方が、ザ・日本人である奥さんの常識的な視点で描かれており、その差が面白い。

特に若者に読んでもらいたいです。
ネットで情報を得られる時代だからこそ、この人の言葉に触れてもらいたい。

「我が志アフリカにあり」
Baraka
島岡由美子 著

by 五味哲也

関連記事

  1. ロゴができました。

  2. 「はり師きゅう師のおしごと」出版

  3. afrimedico

  4. 毎月のコラムから

  5. バリ島から帰国しました!

  6. ベッドが届いた!

PAGE TOP