男女の考え方は真逆?!

世に多いのが男女間のトラブル。

陰陽論でも陰=女、陽=男と相対的にとらえられている。

生理的にも肉体的にも男女差は当然ある。

そんな相対する存在が世の中で微妙なバランスを取りながら、社会が運営されているのだからトラブルは尽きない。

ラジオを聞いていたらなるほど、と興味深く聞きました。
男女では大事にするものの順番が逆になるというもの。

男が大事にするものの順番は
大事にしない方から、自分<家族<友達<職場の人<営業先の人

男性は自分に対して最も厳しい。自死や過労死するまで働いてしまう。家族との時間を犠牲にしてでも、営業先の人とゴルフに行ったり…
言わば「私」より「公」が大事。

女性は
職場<友達<家族<自分
自分へのご褒美にお金をつぎ込む。エステや食事、癒しグッズなど。時に子供を守るため、強く変身する。
「公」より「私」を大事にする。

現代日本は製造業が衰退し、サービス業が増え、かつお金を使うのが女性であり、女性の権利や地位も向上してくる、となれば収入が減っている男性は小さくなってくる一方。

その反面、日本の周りには中国・韓国・北朝鮮・ロシアとマッチョな国が取り囲んでいる。領土の為なら死をもいとわない。「男性国家」。

尖閣を都が購入する時は「良くやった!」という意見がマスコミをにぎわせ、中国が強硬になると「タイミングを間違えた」「○原はなんてことするんだ」と急に弱腰になる。
「女性・老人国家」の日本。

これから必要となるのは死を覚悟して自国の領土を守る意思をもった、マッチョな女性?!新島八重?

それとも、腹の据わった、女性の格好をしている料理研究家の男性?!おかまの格闘家?

日本は海外と比べても、ねじれてるよなー、と思うことが多いです(笑)

by 五味哲也

関連記事

  1. ケニア指圧のその後

  2. アースデイイベントの鍼灸ブース

  3. インドネシア・変わらないもの

  4. 先人の生活と日本語

  5. 治療院、形になってきました

  6. 相馬第6陣

PAGE TOP