afrimedico

友人が国際NPOを立ち上げました!

その名もアフリメディコ「Afrimeidico」

彼女は西アフリカニジェールでボランティア活動中、子供を抱えたお母さんから、「うちの子供が病気なのでお金をくれ」と言われます。
彼女は考えた末、断りました。その後、その村へ訪問するとその子供は亡くなっていました。

ショックを受けた彼女は、持続可能な形での援助をしたい、彼らの初期医療を充実させたい、と考え日本の「置き薬」のシステムの導入を思いつき、NPOを立ち上げました。

私でも、現地の人にはお金をあげることはしないです。上記のように親族が病気なんだ、妹の学費が…いろんなことを言ってきては私達にお金をせびってきます。あげたところで何の解決にもならない、自分たちで稼げることを伝えに来ているわけですから…

帰国後の彼女は会社員生活をしながらMBAをとり、仲間と一緒にNPOを立ち上げました。まだまだ始めたばかりですが、うまく軌道にのってもらいたいと思います。
彼女は日本の伝統的な配置薬のシステムがアフリカで普及することは日本の為にもなると考えています。

タンザニアでの活動報告の中で、伝統薬のニーズが高いとのこと。そうなんです、アフリカ人は皆伝統薬や伝統的な治療が好きなんです。鍼灸師として何かお力になれればいいのですが…

寄付または会員募集しています!
よろしくお願いいたします。

by 五味哲也

関連記事

  1. 在宅治療の一風景

  2. 小児はり入れ

  3. 終戦の時患者さんたちは…

  4. ハマっています。

  5. 今年最後のブログです。

  6. 陰陽論はゾロアスター教の影響?

PAGE TOP