報告会

久々に海外での経験を伝える報告会の要請がありました。

なんと今回は私の母校東京医療専門学校からです。

鍼灸師の卵たちにどんなことを話すのが良いのか、半分わくわく、半分プレッシャーです。
夢を語るのか、現実を語るのが良いのか…

私が鍼灸学生の頃はまだアナログの時代で、鍼灸の可能性に対して大きな夢を持っていたんだけど、今の学生諸氏はどうなんだろう。

いつの間にか、人前で話をする機会が与えられる自分にビックリしています。

by 五味哲也

前の記事

afrimedicoが最優秀賞!