母校での講演会

本日、今年最後の大仕事(私にとっては)が終わってほっとしました。
母校の呉竹学園でこれまでの海外の経験をお話しさせていただきました。

どうも、講演向きの話術が無くていつも自己嫌悪に陥ります。時間もオーバーしちゃいました。
10人くらいかなあと思ったら、50人以上も参加してくれました。

卒業してから15年も経って、まさか私が学生の前で話す立場になるなんて…当時の先生方も校長先生になっていたり、教務課長になってたり…いつの間にかそんな時間がたっていたんですね。

当時よくランチに行った居酒屋で昼食をとりました。
学生時代を振り返りました。
3年間無遅刻無欠席で通ったんです。頑張ってたよなあ…

それにしても、20年で業界は変わりましたね。
鍼灸科や柔整科は呉竹でさえ定員割れしているそうです。
逆に鍼灸マッサージ科は全国から生徒が集まるけどそれでも数倍の倍率だそうです。

私が受験した時は、1次試験は全滅で2次試験でようやく合格した覚えがあります。鍼灸学校へ行くための予備校まであったんですけどね。倍率も10倍近かったんじゃないでしょうか。

規制緩和って恐ろしいです(+_+)
僕らの業界でいえば、規制緩和でデフレが強くなって、サービスが良くなるどころか、消費者が惑わされているだけなような気がします。それが全体の信頼性を落とす悪循環。
私のことを整体師だと思っている患者さんもいます(*_*)

今日話していて気づいたんですが、生徒のケニア人が1回の施術費を1500円位で得ていました。
今、日本は60分で2980円が増えています。
ということは歩合で施術者は1500円位。
どれだけ、日本の施術者は安いんだ。

この講演を機会に現在のケニアがどうなっているか、情報収集しましたので次回そのことを書きますね。

by 五味哲也

関連記事

  1. お墓参りに行ってきました。

  2. 国際視覚障害者援護協会

  3. 相馬第6陣

  4. アフリカ番組を見て

  5. アフリカの子供達

  6. ハマっています。

PAGE TOP