「開業」するとは

私には夢があります。

それは開業することです。もちろん往診スタイルはとても気に入っているので、「開業」しても往診は続けるでしょう。

「開業」は14年間思い続けています。
できれば鍼灸専門でやりたいと思っています。
そして「難病専門」でやりたいとも思っています。
沢山の行き場のない患者さんを治療したいです。
自分が死ぬまでそれを続けるのが夢です。
多くの人に鍼灸の素晴らしさを知ってもらうには、やはり往診スタイルは限界があります。

また戦中派世代が少なくなるこれからの日本に、日本の伝統的治療を続けることは大事なことです。

関連記事

  1. DIE

  2. 西洋医学の哲学とは…

  3. 災害鍼灸ボランティアチームの集まり

  4. 米国ワシントン・ポスト9月1日、22日付け

  5. アナログ技術の鍼灸術

  6. 「鍼」を作る職人がいるのを知ってますか?

PAGE TOP