後任に会いました!

今日は私の後にケニアのマチャコスに行く隊員に会いました。他にも今月末にケニアとガーナに派遣される隊員も同席したのですが、一様に眼が輝いていました。

これからの未知の体験や、起こりうるハプニングに期待や不安をかかえつつも前向きな姿勢にある種羨ましさを感じました。

彼らを待ってるのは水や電気の不便な生活であり、質素すぎる食事であり、強盗やレイプなどの治安の悪さ、人種差別であると思います。

その中で情熱と共感力で人々を巻き込んで、自分の意思や思いを伝え同じ目標に進む事は本当に困難です。

しかし、たった2年間です。終われば人生の最高の経験になるはずです。是非初心を忘れずに全うしてもらいたいです。

そしてケニアの私の生徒達が後任隊員を待っています。
アフリカ大陸はまだまだ可能性を秘めています。

日本の価値観が全て覆され、そして再び積み上げる作業が協力隊生活かもしれません。

どうか最後まで忍耐強く、現地の人と一緒に現地の人以上に現地の事を考える活動をしてもらえれば、と願います。

日本国を背負って頑張ってきてください!

行ってらっしゃい!

関連記事

  1. レアについて、その? [途上国から]

  2. アフリカについて思う

  3. レアが赤ちゃんを産みました!

  4. 朝日新聞 にコメントが載っていた

  5. レアについて2

  6. 盲目の夫婦のドラマ

PAGE TOP